アフターピルのメイン画像
アフターピル〜避妊革命   >  避妊失敗の可能性とリスク

避妊失敗の可能性とリスク

妊娠検査薬の画像

避妊は子どもを望まないカップルがセックスする際に必ず行うべきものです。世の中には様々な避妊具があり、コンドームは代表的なもので日本人によく使用されているものです。避妊と性感染症が同時にできるのでとても便利なのです。コンドームを理想的な使用方法で使用した場合の妊娠防止率は97%程度と言われています。しかし、少しでも使い方を誤ると、その確率は85%程度にまで下がってしまうのです。低用量ピルは日本ではあまり女性に使用されていないのですが、海外では使用している女性の割合が5割程度の国もあります。低用量ピルの避妊効果はとても高く、毎日決まった時間に1錠を服用した場合の妊娠防止率は99.9%となっています。しかし、低用量ピルを48時間以上飲み忘れると避妊効果が薄れてしまい、妊娠する可能性が高まってしまうのです。殺精子剤もそれほどポピュラーな避妊具ではありませんが、錠剤やゼリー、フィルムといった様々な種類があります。薬品を膣内に入れることで、成分が精子を殺してくれるのですが、一歩使用方法を誤ると26%の確率で避妊に失敗してしまうそうです。このように、どの避妊具も100%妊娠を防ぐことはできず、使い方を間違えるだけで妊娠の可能性が高まってしまうのです。避妊に失敗したかも…と思ったら、打つ手はあるのでしょうか。「事後避妊」という方法があり、避妊に失敗したセックスの72時間以内にアフターピルという薬を服用することで、75%以上の確率で妊娠を阻止することができます。アフターピルは病院で処方されますが、通販サイトの方が安いので、事前に数箱買っておくと良いでしょう。通販なら数々のアフターピルの種類から好きなものを選ぶことができます。